ブレードステーキ(ミスジ)

仔牛のブレードステーキ:煮こんだ(蒸し煮した)おいしいステーキ!ゆっくりと調理され、おいしく柔らかく、おいしい脂肪の縁があり、調理が簡単です。このブレードステーキは、仔牛の肩から切り出されます。真ん中に筋があり、調理後に半透明で軟らかくなリます。

アイ・オブ・ラウンド

アイ・オブ・ラウンドは、外モモにある長い丸い筋肉の業界名です。ローストビーフまたはローストなどの全体、縦に切ってシュニッツェルに、またはグレーンに沿ってカツレツに切る、カルパッチョに、仔牛のツナソースなど、さまざまな方法で調理できるカットで、仔牛肉の多用途なカットです。

ハインドシャンク(後スネ肉)

スネ肉はふくらはぎの足の上にあり、人間の上腿に似ていて、骨付き肉の筋肉のカットです。この骨は調理時に肉の中に残ります。調理後、スプーンを使用して骨髄を取り出すことができます。多くの人にはこれは珍味です。もちろん骨を取り除いて、美味しくて柔らかくておいしい仔牛肉を楽しむこともできます。オッソ・ブーコは仔牛のスネ肉で作られています。シャンクはスライスにカットされ、味付けされ野菜で煮こみます。この料理は調理に時間がかかりますが、実際に試してみる価値があります。

ロース・ボーン・イン(骨付きサーロイン)

子牛のロース肉は背中にあります。ロースからの最も人気のあるカットは、アントルコートです。仔牛のアントルコートの上部には薄い脂肪層がありますが、風味を加えるため調理中はこれを肉に残しておくことをお勧めします。必要に応じて、調理後に取り除くことができます。アントレコートは、フライパン、オーブン、グリル、バーベキューで調理できます。内側がまだピンク色のときに最高の味がします。

フレンチラック

フレンチラックは、お客様を感動させる素敵な肉の切り身です。フォアリブの美しい霜降りの肉と、まだ付いているリブの組み合わせにより、目を楽しませてくれます。フォアリブは、リブ・アイを除いたものでもあります。その場合、骨と、リブ・アイの上にある肉の切れ端である“キャップ”が取り除かれます。調理はフライパン、グリル、またはバーベキューで行うことができますが、低温のオーブンでのジックリと時間をかけた調理(スロークッキング)で素晴らしい結果が得られます。

ショルダー・ロースト

ショルダー・ローストは非常に用途の広いカットです。伝統的なローストとして中火のオーブンで調理します。野菜、子牛肉のだし汁、新鮮なハーブを入れた”ダッチオーブン“で肩肉を煮こむこともできます。または、お気に入りのスパイスで肩肉をマリネし、”真空パック“で調理します。 前部位の肉は常により長い調理時間を必要とすることに留意してください。

Tボーン

Tボーンも背面にあります。骨の片側にはロース肉があり、反対側にはヒレ肉があります。 Tボーンは、中火のフライパンで調理できます。バーベキューでも試してみてください。シンプルに保ち、粗目の海塩と挽きたての黒胡椒だけでTボーンを味付けします。

テンダーロイン

テンダーロインはロースのあばら骨の下にあります。このため、”テンダーロイン”は、運動量が最も少ない筋肉です。外側の筋をすべて除去したら、さまざまな調理用に色々なステーキにカットすることができます。シチューやブイヨンには”チェーン”を使用します。テールは、”ソテー料理”やお気に入りの串刺しなどの小さな塊にカットできます。センターは最もおいしい仔牛ステーキにカットしたり、オーブンでセンター全体を焼くことができます。先端部を縦にカットし、小さなフィレミニョンにすることができます。

トマホーク

トマホークは背骨の前部にあります。そのため、もう少し脂肪があります。この脂肪は、このステーキの風味を深めます。 トマホークは、パンフライ、グリル、バーベキュー、ブロイラーなどのさまざまな調理で使用できます。常に中央をピンクに保ちます。

トップサイド(内もも)

トップサイドは非常に引き締まった赤身肉です。このカットは、ジューシーな小さなステーキに最適ですが、オリジナルのクラシックな ”ウィンナー・シュニッツェル”のカットにも使えます。仔牛の内ももからのみ切り取って、” ウィンナー・シュニッツェル”としてメニューに出せます。もちろん、お気に入りのイタリアの付け合わせを添えて小さなスカロピーニに調理することもできます。または、おいしい仔牛肉とキノコの詰め物で小さなルロー(巻き物)に調理しましょう。

Download our brochure

私たちの最高品質の仔牛肉についてもっとよく知ってください。

会社情報

「Trusted Veal from Europe:A Trusted Tradition(欧州からの信頼できる仔牛肉:信頼できる伝統)」キャンペーンは、北米と日本の食肉消費者の間で、欧州の仔牛肉を促進することを目的としています。

これは、他の食肉の高品質で安全な代替品として欧州の仔牛肉についての意識を高めるために欧州連合(EU)が共同出資し、オランダ食肉産業協会(COV)によって執行されています。