Osso Buco with Pappardelle

オッソブーコとパッパルデッレ

ツイート保存
Osso Buco with Pappardelle

材料:

 3インチの厚さに切った子牛のすねのスライス、4個
 小麦粉約45ml(大さじ3杯)
 オリーブオイル30ml(大さじ2杯)
 玉ネギ1個、みじん切り
 ニンニク2個、みじん切り
 セロリの茎一本、みじん切り
 フェンネルの種5ml(小さじ1杯)
 チリフレークひとつまみ
 白ワインドライ250ml(1カップ)
 みじん切りトマト750ml(3カップ)
 砂糖ひとつまみ
 ベイリーフ一枚
 ローズマリー1本
 レモンの皮、付け合わせ用
 刻んだチャービル、付け合わせ用
 付け合せ用のフルール・ド・セル(天日塩)

準備:

1

オーブン温度:180/350

2

調理台の上で子牛のすねを調味し、小麦粉をふりかける。

3

オーブン用のカバー付きソースパンで、中火で子牛のすね肉を片側2分づつ焼き、パンから取って脇に置く。

4

弱火にして、玉ネギ、ニンニク、セロリ、フェンネルの種、そしてチリフレークを加える。 5分間かき混ぜながら炒める。白ワインを加えて半分になるまで減らす。

5

トマト、砂糖、ベイリーフ、ローズマリー、子牛のすねを加えます。スプーンでソースを上にかけ、蓋をします。

6

オーブンの真ん中で2時間調理する。

7

その間、説明に従ってパッパルデッレを調理する。

8

料理を出す。

材料

 3インチの厚さに切った子牛のすねのスライス、4個
 小麦粉約45ml(大さじ3杯)
 オリーブオイル30ml(大さじ2杯)
 玉ネギ1個、みじん切り
 ニンニク2個、みじん切り
 セロリの茎一本、みじん切り
 フェンネルの種5ml(小さじ1杯)
 チリフレークひとつまみ
 白ワインドライ250ml(1カップ)
 みじん切りトマト750ml(3カップ)
 砂糖ひとつまみ
 ベイリーフ一枚
 ローズマリー1本
 レモンの皮、付け合わせ用
 刻んだチャービル、付け合わせ用
 付け合せ用のフルール・ド・セル(天日塩)

手順

1

オーブン温度:180/350

2

調理台の上で子牛のすねを調味し、小麦粉をふりかける。

3

オーブン用のカバー付きソースパンで、中火で子牛のすね肉を片側2分づつ焼き、パンから取って脇に置く。

4

弱火にして、玉ネギ、ニンニク、セロリ、フェンネルの種、そしてチリフレークを加える。 5分間かき混ぜながら炒める。白ワインを加えて半分になるまで減らす。

5

トマト、砂糖、ベイリーフ、ローズマリー、子牛のすねを加えます。スプーンでソースを上にかけ、蓋をします。

6

オーブンの真ん中で2時間調理する。

7

その間、説明に従ってパッパルデッレを調理する。

8

料理を出す。

オッソブーコとパッパルデッレ


カタログをダウンロードする

私たちの最高品質の仔牛肉についてもっとよく知ってください。

会社情報

「Trusted Veal from Europe:A Trusted Tradition(欧州からの信頼できる仔牛肉:信頼できる伝統)」キャンペーンは、北米と日本の食肉消費者の間で、欧州の仔牛肉を促進することを目的としています。

これは、他の食肉の高品質で安全な代替品として欧州の仔牛肉についての意識を高めるために欧州連合(EU)が共同出資し、オランダ食肉産業協会(COV)によって執行されています。