伝統

牛乳で飼育される欧州の仔牛の伝統の詳細。

欧州の伝統

穏やかな気候と緑豊かな牧草地により、欧州には酪農の長い歴史があります。

ご存知ではないかもしれませんが、乳牛が牛乳を生産するためには、毎年出産する必要があります。仔牛産業が酪農業と結びついているのはこのためです。牛乳の生産に使用できるのは雌の仔牛だけなので、仔牛肉の生産には雄の仔牛を使用します。
今日生産されている牛乳で飼育される仔牛は、欧州に起源があります。1950年代には、欧州の乳製品生産が大幅に増加し、大規模なバターとチーズの生産が始まりました。これにより、酪農家が活用できない3つの副産物が生まれました。つまり、雄の仔牛、チーズ生産で生じるホエー、バター生産で生じるスキムミルクです。やがて、雄の仔牛にホエーとスキムミルクを与えることにより、淡い色の柔らかい仔牛肉が生産できることがわかりました。当初、これらの乳製品は地元の農家に販売され、その後こうした農家は仔牛を同じ方法で飼育し始めました。後になって、この種の生産は欧州の特定地域に集中するようになりました。
仔牛肉は淡い色で、柔らかく、消化しやすいので、地中海料理の重要な素材としての地位を確立しています。オッソブコ、サルティン・ボッカ、ブランケット・ド・ヴォー、リドボーなどの多くの人気のイタリア料理とフランス料理は仔牛肉で作られています。実際、これらは欧州の文化遺産や料理の伝統の一部になっています。牛乳で飼育される仔牛の伝統を守るべく、欧州連合は「仔牛(肉)」という用語の使用を制限するために定義を整合させる法律を導入しました。

評判を広める

仔牛肉は長い間、欧州の料理の不可欠な部分を成してきました。その淡い色、柔らかい粘稠度、繊細な味わいにより、世界中のシェフによって最も高く評価されている肉の1つです。

しかしながら、これはまだすべての人の主食ではありません。牛肉、豚肉または鶏肉ほど一般的ではありませんが、欧州の仔牛肉は驚くほど簡単に調理でき、毎回感動を与えます。多くの場合、仔牛肉はオッソブコやサルティン・ボッカのような伝統的な料理の中心となっていますが、サラダやスープのような他の種類の料理を補佐するのにも使うことができます。
仔牛肉は、その健康上のメリットにより広く評価されています。柔らかいため、簡単に消化しやすい肉になります。またコレステロールが低く、ビタミンとミネラルが豊富です。実際、仔牛肉は牛肉、豚肉、鶏肉より脂肪分とカロリーが少ないにも関わらず、たんぱく質が多いため、健康的な赤身肉の選択肢となっています。推奨される量のビタミンやミネラルを摂取しながら、カロリーとコレステロールの摂取量を減らすことを求めている消費者のための素晴らしい代替手段です。

Download our brochure

私たちの最高品質の仔牛肉についてもっとよく知ってください。

会社情報

「Trusted Veal from Europe:A Trusted Tradition(欧州からの信頼できる仔牛肉:信頼できる伝統)」キャンペーンは、北米と日本の食肉消費者の間で、欧州の仔牛肉を促進することを目的としています。

これは、他の食肉の高品質で安全な代替品として欧州の仔牛肉についての意識を高めるために欧州連合(EU)が共同出資し、オランダ食肉産業協会(COV)によって執行されています。